エルベ川の牛の動画をUPしたので。



こんにちは。


さて、8月26日に YouTubeに、夏のエルベ川の河畔でまったりしている牛の様を、ただただ見ていただく[まったり30秒] 「エルベ川の牛」 をUPしましたが、2019年の夏に行った「ドレスデン」のお話に少しお付き合いいただければ。と思い書いております。ということで、日本は、夏休み最後の日、みなさんいかがお過ごしですか?


今年、コロナの影響を大きく受けている業界は、「旅」「移動」に伴う方々ではないかと思います。おかげで、この夏は、お籠りシンガポールの春夏でした。秋冬もお出かけ可能性は、少々低いような気がしています。


ということで、「エルベ川の牛」なのですが、「エルベ川は、チェコ北部およびドイツ東部を流れ北海へと注ぐ国際河川である。全長約1,091kmはヨーロッパでは14番目に長く、このうち727kmがドイツ国内を占める(Wikiより)」という、私が訪れたドイツの東端、古都ドレスデンを流れ、昔から交通の要となり、かつて栄華を誇ったザクセン王国の宮廷都市の繁栄の立役者ともいえる川です。ドレスデンの町並みには、第二次大戦の空襲で見るも無残な姿になったのですが、ドイツの東西統一後に再建が進み、昔の「百塔の町」とも謳われたバロック様式の美しい街並みを取り戻しつつあります。このドレスデンの旅行記は、思い入れがあっったので、別にきっちり書こうと思っていたら、1年が経ってしまいました。苦笑



エルベ川の河原で毎土曜日に蚤の市が開催されます

エルベ川河畔では、週末に蚤の市も開催されています。家具から楽器、野菜やパンまで、様々なものが売られています。私にはお宝の山で、持って帰る算段に苦悩しながら回るのは、非常に葛藤と決断の連続を強います。ドレスデンの街は、休日に掃除機の音も立てれないというほど、とても静かなので、蚤の市も静かです。淡々と時間が川の流れとともに経っていきます。あっという間に店じまいのお時間が来ます。



ポンちゃんは、ココ(〇印部)からやってきた

そんな中、出会った、オレンジムーンのマスコットに任命した「ぽんちゃん」は、おじいさんの開くブースに、ちょこんとたたずんでいたしました。


自分をクールダウンするのに、河原に座って川を眺めながら戦利品の確認をしてみたり、本当に素敵な川と過ごす時間でした。また、いつか行ける日を楽しみに。


皆さまのお気に入りが、Orange Moonで見つかることを願って。


[YOUTUBE 毎日配信挑戦中]

https://tinyurl.com/y5bf7dch


[Facebook]

https://www.facebook.com/orangemoon.sg


[Instagram]

https://www.instagram.com/orangemoon.sg

10回の閲覧

最新のニュースやプロモーションをお知らせするメールが届きます。

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • YouTubeの - ブラックサークル

© by Orange Moon